バストアップのための3つの施術方法

バストアップのための3つの施術方法

女性にとっては豊かなバストが最大のセックスアピールでもあることから、小さいバストに悩んだ末に、エステの門をくぐる女性も少なくありません。

 

バストアップサプリ 口コミはコチラ http://バストアップ.lolipop.jp/

 

バストアップ手術には主に、注射器で行う「ヒアルロン酸注入」と「脂肪注入」、切開手術をする「プロテーゼ挿入」の3つの方法があります。

 

 

 

「ヒアルロン酸注入」は、プチ豊胸と呼ばれているほど簡易な施術で、ヒアルロン酸を注射器で注入するだけです。胸を切ることが無いので施術も早く終わり、傷跡も残りません。

 

 

 

ヒアルロン酸は人間の体内に存在する成分なので、アレルギーが出ることがありません。また、バストの形に合わせて必要な個所に注入することができます。ただ、体内成分であるということが災いして、月日とともに体内に吸収されて形がなくなるという弱点があります。

 

 

 

「脂肪注入」はヒアルロン酸注入同様、バストに脂肪を注入する方法です。脂肪は本人のお腹やお尻などの脂肪を採って利用します。注入した脂肪は次第にバストになじんで血液から栄養を取るようになるため、ヒアルロン酸のようにすべてが体内に吸収されるということはありません。

 

 

 

「プロテーゼ挿入」というのは、脇の下を切開して、シリコンや生理食塩水の入ったプロテーゼ(バッグ)を挿入する方法です。最も大きなバストアップを図る方法であり、半永久的に形を維持できます。昔は、プロテーゼが破裂するという事故もありましたが、最近は高品質のものが使用されているので事故は無くなっています。ただ慣れるまでに、痛みを訴える人も少なくありません。

自分でせっせとバストアップ

 

私のバストは以前AAカップととても悲しいことになっていました。

 

周囲からも「まな板」とからかわれ、随分傷つきました。

 

その当時は、”体質なんだから仕方がない”だとか”努力のしようがない”と決めつけていたのです。

 

それゆえに一切何もしませんでした。

 

好き嫌い、特に豚肉が大嫌いなのでそういったことも関係しているのだと思いこんでいました。

 

 

 

しかし、それは完全なる間違いだということに気づいたのです。

 

 

 

雑誌でバストアップの特集記事を見たとき、衝撃が走りました。

 

「AカップがCカップになった」とかいう体験がズラリと並んでいるのです。

 

しかもエステなどでバストアップをしたとか、豊胸手術をしたとか、そういうのではありません。

 

何だと思いますか?

 

それは「自分で胸を揉む」もしくは「彼氏に胸を揉んでもらう」でした。

 

これは簡単です。

 

後者は相手はいないと無理ですが、前者ならいつでも自宅で行うことができます。

 

その日から私はお風呂で半身浴をしながら丁寧にマッサージするようになりました。

 

乳がんの自己検診も兼ねていると思えばそう苦痛なものではありません。

 

 

 

何よりも、AAカップだったバストがAカップになってくれたのですから、効果もそこそこです。

 

次はBカップを目指したいと思います。

バストアップを始めたきっかけ

 

今バストアップを真剣に考えています。もともとEカップの私、若い頃はバストアップなど考えたことはありませんでした。

 

逆に、大きな胸が嫌でどうやったらコンパクトに見えるかと悩んでるほどでした。そんな私がなぜバストアップしようとしているか、というとずばり胸がたれてきているからです。

 

10代の頃は、ぱつんぱつんに張っていて、20代になると若干やわらかくなったけど、それでもまだ大丈夫でした。

 

本格的にたれ始めたのは30を過ぎてからです。ちょうど30歳の時に出産。

 

それから2年母乳をあげていました。子供が卒乳後、バスとのトップの位置がだいぶ落ちていることに気づきました。

 

しかしその当時は、育児疲れもありたれた胸なんてどうでもいいわ、という感じでちゃんとしたブラもせず、ブラトップで過ごしていました。それからさらに4年が経ち、バストの位置は下がり続けています。

 

鏡に映る私の胸は、志村けんがコントでやってたおばあちゃんを彷彿とさせるようなものになっていて、さすがにこれじゃあまずい!と急に焦り始めたのです。

 

まず始めたのは大胸筋を鍛えること。一番手っ取り早いし、昔からバストアップにいいとされている方法です。

 

家事の合間、気づいた時にするようにしています。まだ始めたばかりなので、効果のほどはわかりませんが、継続は力なりという言葉を胸に続けています。

 

それとバストアップするブラジャー探しもしています。こんなに胸がたれたのは、ブラトップの楽さに甘んじて、長年ちゃんとしたブラをつけていなかったからかも?と思い始めて、数年ぶりに下着売場に足を運ぶと、新しい機能のブラがいっぱいで浦島太郎状態でした。どれがいいのか全くわからず、今はネットでバストアップに効果のあるブラジャーについて猛勉強中です。

 

Eカップあった20代の頃、まさか自分がバストアップに必死になる日が来るとは思ってもいませんでしたが、女性の体は加齢や出産で変化することを知り、10年後後悔しないためにも今日もバストアップを頑張るのでした。

着て寝ているだけで理想のバストアップができます

 

着て寝ているだけで理想のバストアップができます。

 

就寝する時に何も付けないで寝ていると、バストのお肉というものは横の方に流れてしまいます。

 

でも、このブラタンクなら、どうしても就寝する時に垂れたり、横の方に流れてしまったりするバストラインを包みこんでサポートしてくれます。

 

適度な加圧の力でウエストのお肉もサポートしてくれます。

 

インナーのバスト部分は、バストをクロス作用によって中心、さらに上へ押上げます。

 

しっかりと脇のお肉もホールドして、横の方に流れてしまうのを防ぎます。

 

そして、パワーネットによって下腹部に付いたお肉もギュギュッとしてくれます。

 

そのため、付けて寝ているだけで、ボディラインを美しく目指すことができるのです。

 

このブラタンク1枚で、お腹も胸も補正が可能です。

 

このブラタンクによって引き締めが適度に行えるようになるので、ぽっこりお腹の要因にもなる姿勢や背骨もだんだんと改善され、姿勢も良くなります。

 

綿95%、ポリウレタン5%の素材で、抜群に伸縮性も良い素材なので、就寝する時にも付け心地が快適です。

 

吸水性も良いので、リラックスタイムにもぴったりです。

 

インナーとしても使えるように、いろいろなカラーバリエーションがあり、オールシーズン対応できます。